高齢者 入れ歯 お手入れ

入れ歯をきれいにするには

 

入れ歯で物を食べる入れ歯になる虫歯や歯周病
歯槽膿漏などがほとんどの原因を占めています。

 

そしてごく一部の方は怪我などで歯を失います。

 

高齢者の場合は特に歯周病や虫歯で歯がなくなってしまいます。

 

高齢者の入れ歯のお手入れ方法!

 

歯がなくなるとどんなデメリットがあるかというと食事がしにくくなったりというのはもちろんなのですが、

  • 発音がしにくくなって喋るのが億劫になったり
  • 顔の形が変わってしまう
  • 人に会うのが嫌になって自分の殻に閉じこもる

など社会的なリスクを負うことにもなります。

 

そこで使われるのがいればです。

 

入れ歯は正式には義姉といます。

 

歯は2〜3本なくなっても大したことはないと思う方もいらっしゃると思いますが、しかし永久歯を一本失うということは噛む力が3割も減ってしまうことになります。

 

そして歯というのは隣と隣りの間隔で互いに腰あったりしているので1本歯がなくなるとバランスが崩れて噛み合わせが悪くなって顎の関節がおかしくなる成城の浜でおかしくなって来るなど影響が出てきます。

 

入れ歯の種類とは取り外しができるものばかりではありません。

 

取り外しができるのは普通の入れ歯ですが、取り外しができない入れ歯というものがありそれをブリッジといいます。

 

歯を全部失ってしまったことは全てを入れ歯にします。

 

総入れ歯・総義歯

などといいます。

 

この場合は顎の粘膜に入れ歯がぴったりくっつくようにくっつくられ唾液などが混ざって落ちないようになっています。

 

歯の部分はプラスチックやセラミックなどを使って作られています。

 

顎の部分にはプラスチックを金属を入れます。

 

部分入れ歯・部分義歯

自分の歯がまだ少し残っている場合は部分入れ歯を使うことがあります。

 

結構な歯がなくなってしまったかたや奥歯がなくなってしまったかたにはこの部分義歯を使うことが多いです。

 

ブリッジブリッジは加工技師とも良い歯がない部分左右にしっかりした歯がある場合はその間にブリッジを作ることでかぶせて人工の歯それは取り外しができません。

 

自分の歯のように見えるのですが、左右の端に支えられているので左右の歯に負担がかかります。

 

 

作成 170125

 

入れ歯のお手入れと保管方法

入れ歯は取り外しができるものとできないものがありますが、できるものは毎回掃除をします。

 

入れ歯には入れ歯用の掃除ブラシがありますので、そのブラシを使って汚れを取ります。

 

そして入れ歯に臭いがする場合は汚れが残っているということですので、つけおきする洗剤などを使ってきれいにします。

 

羽を使っているところでは鼻のところに食べ物のカスがつまり嫌な匂い発生させますが、乱暴に洗うと羽が変形することがあるので丁寧に洗う必要があります。

 

そして自分の歯が残っていることは自分の歯の掃除もしきちんと行わないといけません。

 

特にブリッジの場合は左右の端に負荷がかかりますから、きれいにすること歯槽膿漏をそれ以上が悪化させないことがとても重要です。

 

特に鼻がかかっている歯は虫歯や歯周病になりやすいものですから、