高齢者 パン 飲み込み

高齢者がパンを飲み込みやすくするには?

 

まず食べられる方は柔らかいご飯を食べる
そして柔らかいご飯が食べられない場合はおかゆにする
そしてまったくカメラでということであればご飯を思いにするなどして食べることができます。

 

重油でもむせてしまう場合はゼリーや寒天などを使って重湯ゼリーを作ります。

 

高齢者がパンを飲み込みやすくするには?

 

パンの場合はパサパサれそのままでは喉に詰めてしまう可能性が高いので
牛乳につけたりパンを柔らかく煮込んだりするなどして食べやすくします。

 

油脂類油脂類というのはのどごしを良くしてつるつると食べやすくするので
飲み込みにくい高齢者にとっては最適な食べ物です。

 

そして適用のカロリーを取ることができて特有の香りを持っていることから食欲を増加させる作用も見込めます。

 

良い油を使って栄養と食べやすさを両立できます。

 

 

口の中の食べ物喉を通して今で入れることを医学的に変化といいます。

 

嚥下のえんという文字には飲み込むという意味があります。

 

嚥下のしくみ

嚥下というのは自動でやっているようですが、実は3つの動作を段階を経て行なっています。

 

一般的な大人では普通に意識しなくてもできることなのですが、
高齢者などで飲み込むに障害が出てくるとどこかのステップで引っかかり縁起がスムーズに行われなくなります。

 

まず1段階目では口の中から喉に食べ物舌が送り込みます。

 

そして何回目に咽頭から食道までの間を食べ物が通ります。

 

この時に空気が通る穴で軟口蓋や高等の筋肉が働いて
飲食物が気管の中に応援してしまわないように自動的に蓋をする仕組みがあります。

 

物を飲み込む時に人は一瞬呼吸が止まります。

 

そして食道の入り口が開いて食べ物が食道の中を通って行きます。

 

嚥下が悪いことは9段階で喉の蓋が閉まらず食道の蓋が開かないそのため誤嚥を起こしてしまいます。

 

第3段階目では食堂が芋虫のような運動して蠕動運動を起こしの中へ食べ物送り込みます。
これは完全に自動的に行われます。

 

自分でコントロールできるのは1段階目のところだけです。
そして第2段階目第3回目のところは自分の意思とは関係なく起こる反射による現象です。

 

この反射の現象をコントロールしているのが脳の延髄にある中枢という部分です。

 

嚥下中枢が障害されていると飲み込みがスムーズにできなくなって嚥下障害だといわれます。

 

嚥下障害が起こると食べるものが食べられなくなり痩せてしまうなどの嚥下以外の体に症状が現れてしまいます。